株式を買うということ

この記事は約4分で読めます。

株式投資と聞くと、大抵の人はギャンブルのようにパソコンのモニターに張り付いて頻繁に売り買いをこなして利益を上げるようなトレーダーを真っ先に思い浮かべる方が多いですが、株式を買うということは「企業に自分の資金を運用してもらう」ということと同じなのです。

スポンサーリンク

株式会社は有限責任

まず株式会社というものについて。株式と言われる証券を買ってもらい資金を調達します。この株式という証券を買ってくれた人を株主と呼びます。そして株主は経営者に資金の運用を任せます。任された経営者は会社を運用して利益を上げ、その利益を株主に還元するのが使命です。

つまり、株式会社は誰のために営利活動をしているかというと、株式を買ってくれた株主のためなのです。従業員やお客さんも大事ですが、最優先されるのは株主の利益なのです。なぜなら、会社は株主のものだからです。

株主は、自分が出資をしている範囲において、有限責任に負っています。つまり、投資している資金についてだけ、会社と一蓮托生であるということですね。会社が成長すれば株主も恩恵を受けますし、会社が倒産すれば出資分のお金は消えてなくなります。

企業は株主の資金を増やし利益を生む義務がある

株式会社というものは、沢山の株式から成り立っています。誰も株を買ってくれなくなってしまうと出資者がいなくなり、会社は存続できなくなってしまいます。だからこそ、株式会社は株主に利益に寄与する義務があるのです。

この辺りの考え方は、ゴマスリや営業活動だけで成り上がってきたようなサラリーマン経営者にはいまいち理解できていない部分です。二世の社長なんかもそうでしょう。日本の企業はサラリーマン経営者が多いため、この部分は軽視されていました。最近は少しづつ改善されていますが。

反面、アメリカの企業は非常にシビアです。アメリカは資本主義が効率的に行われている国です。経営者がおかしな経営戦略を行おうものなら途端に株主から総バッシングを浴びて経営者の席から引き摺り下ろされるでしょう。本来株主とはそれくらい重要な存在なんです。

株式会社は株主のために、配当を出し、設備投資を行い、自社株を買い戻したりして会社の規模を拡大させて、株価を上げることで株主に謝辞を送るわけです。それが本来の株式会社にあり方であり、そうしなければいけません。

株式を買うことは企業に出資することと同じ

これはつまり、株式を買い付けるという行為は、企業に出資するのと同じ意味であります。株式を保有するということはそういうことです。証券会社は株式というものをまるでサイコロやスロットのコインの如くギャンブルの道具として案内してきますが、そうではないのです。

こう考えると、証券会社の営業が明らかにおかしいことがわかります。

証券マン
証券マン

今は5G関連が盛んで、チャートもいい形をしているのでこの会社の株式を買った方が良いですよ!

こんな感じで顧客に株式を案内するわけですが、ここには今までのような考え方は微塵も含まれていません。この壺は将来資産価値が上がるから買っておいた方が良いといっているのと同じです。

このサイトでは短期売買を推奨はしません。実体験に基づいたものでもありますが、理論的に短期売買はこのようにギャンブル的要素が強く、利益の行く末が運に大きく影響されてしまうからです。

短期売買のルールを守ればある程度のリスク管理はできますが、それでもんやはり投機的なのでお勧めできません。株式投資をする際は、正しい考えでやるべきです。

株式投資は貯蓄プログラムである

このことから、株式を買い付けるということは、我々のお金を増やして貯めてくれる貯蓄プログラムなんだと考えられます。お金を企業に出資する事で、企業はそのお金を営利活動を通じて増やすよう経営を行い、資産や規模を拡大させていきます。そうする事で、我々の投じたお金は少しずつですが価値が増えていくのです。

つまり、企業は我々の代わりにお金を増やしてくれているのです。この考え方ができるかどうかで長期投資の成功が変わってきます。株式投資をあくまで株価の上がった下がったの利鞘を狙うギャンブルだと考えている人にはこのような考え方はできません。

短中期的には、世のトレーダーに属する投機家たちの影響を大きく受けます。イギリス選挙だとか中国の経済停滞だとか、トランプ大統領の発言にいちいち反応して株を売ったり買ったりしている人たちが株価の値動きを左右させます。でも、トランプ大統領の発言がその企業の業績に大きな影響を及ぼすものではない限り、瞬間的に株式が売られても結局はまた戻るのです。

重要なのは、彼らトレーダーの狐と狸の化かし合いに巻き込まれない事です。短期的な動きがどうあれ長期的には株価は企業の業績に収斂していくことはすでに統計で知られています。しょうもない売買合戦に参戦すれば痛い目を見るだけです。そんなものは無視して、本当の株式に投資をする意味を理解できれば、市場や経済のいニュースさえどうでも良いことだと気づけると思います。

しっかりとした会社に出資すれば、最終的には結果は自ずとついてきます。不要なニュースは耳にせず、あくまでその会社の業績だけに意識を集中する事をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました