用語説明

スポンサーリンク
用語説明

3分で分かるFOMO

現代のネット依存症を表す言葉にFOMOと呼ばれるものがあります。2011年ごろから米国で流行りだした言葉で、正確には「Fear Of Missing Out」と言います。日本語では取り残されることへの恐怖と訳されます。
用語説明

3分で分かる調整

株式市場ではよく調整局面と言われることがあります。経済全般にて使われる言葉でもあるのですが、主に上昇していた市場が勢いをなくし、横ばいもしくは下落に転じる時にこの言葉が使われます。
用語説明

3分で分かる小型株効果

投資の世界にはいろいろな経験則があります。週末は株価が下がり安いとか5月には売りが強くなるとか、そういったもののことをアノマリーと呼びます。その一種にあるものが小型株効果というものです。
用語説明

3分で分かるα(アルファ)とβ(ベータ)

投資の世界にはαとβという言葉があります。どちらかというと投資信託の世界でよく使われる言葉ですので株式投資の世界ではあまり使う機会はないかもしれませんが、運用関係の本やサイトなどでもよく出てくる単語ですので覚えておいて損はありません。
用語説明

3分で分かるリスク

リスクとはどういう意味でしょうか。一般的には危険と訳されるのですが、英英辞典などでは悪い事象が起きる可能性のことを指すとしています。金融の世界では、良い方向にも悪い方向にもブレる可能性のことを指しています。投資の世界ではリスクとは何かをご説明します。
用語説明

3分で分かるのれん

のれんという言葉をご存知でしょうか、これだけを聞くと食事処の入り口に下げられている暖簾のことを思い浮かべると思います。ここでいうのれんとは会計用語の一種ですが、語源は軒先に下がっている暖簾からきています。
用語説明

3分で分かるFF金利

政策金利は株式市場においても将来的な企業の業績予想に対しても強い影響力があります。現在と今後の金利の動向は世界中の投資家も注目しているものなので、是非アメリカの金利関係について知っておいていただければと思います。
用語説明

3分で分かる米国ETF

ETFは日本にもある商品ですが、品揃えとしては米国ETFの方が豊富です。とりわけ米国投資を行う際には活用するすることで分散効果を図ることもできます。ただしデメリットも存在するので運用については投資のご意向に沿って購入しましょう。
用語説明

3分で分かるグロースとバリュー

グロース投資とバリュー投資は投資のスタイルとして二分される代表的な投資方法です。どちらが良い悪いというものはありませんが、どちらかだけにこだわるのではなくどちらも活用することが大切です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました